六価クロム

ポタリング
03 /29 2013





A







『東京都江戸川区小松川の都立大島小松川公園に近い排水溝の水から、有害物質の六価クロムが環境基準の約3000倍を超す濃度で検出されたことが27日、東京農工大の研究グループの調査で分かった。同公園にはかつて化学メーカー工場があり、1970年代に土壌汚染が表面化した。会社側が無害化し、1997年に都立公園としてオープンした。』(2013年3月27日 読売新聞)





六価クロムといえば東京都北区にある豊島5丁目団地がたびたび騒動になりますが、ここにも化学工場がありました。





関連記事

コメント

非公開コメント