荒川の20キロ規制断念

ポタリング
04 /04 2013



Photo_3





『東京・荒川の河川敷道路で、国土交通省が2010年に設けた自転車の「時速20キロ規制」が7月にも撤廃されることになった。道路交通法が適用されない河川敷で、自転車との衝突から歩行者を守るためのルールだったが、違反者の取り締まりができず、「20キロ」を巡っても双方から不満が出ていた。・・・マナーが向上せず、トラブルが続く場合は、河川敷道路を都や区に貸して都道、区道とし、道交法による速度制限をかけることも検討するという。』(2013年4月3日 読売新聞)



どうやら道交法が適用される方向に向かいそうですね。規制を守って走っているローディなんていませんから、やむをえないでしょう。

関連記事

コメント

非公開コメント