スーパーこまち試乗会 - 3

旅行・散策 東北
02 /03 2013

Photo_2



速攻で仙台駅で受付を済まし撮影ポイントまで移動!ホーム先端の絶好の場所を確保!



Photo_3





周りにいる「撮り鉄」は抽選にもれたひと達。



E6



撮り鉄と談笑する事1時間弱、やっとお目当ての「スーパーこまち」がやってきました。



14



Photo_5



撮り鉄に見送られ、ひとりスーパーこまちに乗り込みました。仙台を出るとグングン加速、時速300キロであっという間(約1時間半)に大宮駅に到着。記念品までいただきありがとうございました。

スーパーこまち試乗会 - 2

旅行・散策 東北
02 /03 2013



S



秋田新幹線E6系記念試乗会のため仙台まで行ってきました。



S_2



仙台を訪れるのは3年半ぶりです。





S_3



駅前にあるのは東京にはない「さくら野」百貨店。



S_4



S_6



仙台といえばベガルタと楽天。



S



駅前のアーケード、ハピナ名掛丁。仙台はやはり寒かった~。



東北旅行9 - 最上義光

旅行・散策 東北
08 /20 2010

2_9



今回の旅行、最後の一枚です。山形県民の血が半分流れている自分が、アップしないわけにはいきません。山形藩初代藩主、最上義光(よしあき)像。



今回の東北旅行は、広がる田園風景を見て自分は日本人だ、農耕民族だ(?)と再発見した旅行でした。

東北旅行6 - 山寺

旅行・散策 東北
08 /20 2010



C2_3 



山形県の山寺、正式名称 宝珠山立石寺(ほうじゅさん りっしゃくじ)です。



B2_2



松尾芭蕉がおくのほそ道で 「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」 と詠んだ事で有名ですね。



DPP_0001.jpg


A2_2



山寺


全部で1015段、高層ビル40階ぶんの石段をひたすら登ると・・・。



2_5

東北旅行3 - 龍飛崎

旅行・散策 東北
08 /18 2010
三厩

JR津軽線、三厩(みんまや)駅。




DPP_0002.jpg


2_2



昭和の大ヒット曲で有名な津軽半島の北のはずれ、龍飛崎(竜飛崎、龍飛岬)。



2_4



龍が飛び立つ時のような強風が吹き抜けることからその名が付きました。



3



条件がよければ、津軽海峡の向こうに北海道が見えたはずなんですが、残念でした。

東北旅行2 - 霊場恐山

旅行・散策 東北
08 /18 2010
恐山行のバスーS

恐山の冷水ーS

永遠の寿命が得られるという冷水。

2_2



下北半島の中央部にある日本三大霊場のひとつ、恐山。かつて下北の人々は、死んだあと魂は恐山に還ると信じていたそうです。



B2



剥き出しになった岩肌に漂う硫黄の匂い、殺伐とした雰囲気はまさに地獄のよう。



C2_2



対して隣にあるのはエメラルド色が美しい宇曾利湖の極楽浜。

東北旅行1

旅行・散策 東北
08 /14 2010

2_3



夏休みを利用して青森、秋田、そして母親の故郷である山形を旅する事にしました。



まずは青森港。青森ベイブリッジとかつて青函連絡船として津軽海峡を渡っていた八甲田丸。

みちのく一人旅5

旅行・散策 東北
09 /23 2009
DPP_S0004_201606281442242bd.jpg

地方の電車によくある、乗り降りする時はボタンを押さないと扉が開かないというやつです



DPP_S0005_2016062814422013d.jpg

泊まったホテルのある東仙台駅です。仙台駅から東北本線でひと駅なんですが、夜になると人が全くいませんでした



DPP_S0001_20160628144221cca.jpg

JR福島駅で、MAXやまびこと山形新幹線つばさの連結を、デジカメで動画撮影していたら、危うく乗り遅れてしまうとこでした



DPP_S0002_20160628144223b25.jpg

今回のみちのくひとり旅では、現在仙台在住の会社の元先輩に会う事が出来ました。あいかわらず笑顔が印象的で、とても元気そうでした。仙台は気候がよく、都会でありながら海にも山にも近く、住むにはいいとこですね。

みちのくひとり旅1 「仙台」

旅行・散策 東北
09 /22 2009
仙台駅S

かわいい子には旅をさせろ というわけで(?)、宮城にみちのくひとり旅。まずは杜の都、仙台。



広瀬川S

♪広瀬川 流れる岸辺 想い出は 帰らず(青葉城恋歌)




大橋S

広瀬川に架かる大橋は、青葉城址に向かう車で常に渋滞



青葉城S

残念ながら青葉城は焼失してしまいありません



伊達政宗胸像

仙台と言えば伊達政宗。伊達政宗の肖像画や騎馬像が「独眼竜」でないのは、彼の遺言による。



A201606281142071ce.jpg

伊達政宗が見ているのがこんな風景。



A201606281142316c6.jpg

仙台市博物館の南庭にある「初代」伊達政宗騎馬像。胸から上しかないのは、戦争中の金属供出のため 。あ~情けない。