晩秋の愛媛 10 - 宇和島城

旅行・散策 四国
11 /25 2016
宇和島城1-SN

藤堂高虎が築城し、宇和島藩二代藩主伊達宗利が天守を再建した宇和島城。現存12天守のひとつです。


宇和島城2-SN

入口が大きく造られているのは、寛永6年(1666年)頃というすでに戦のない時代に再建されたため。


宇和島城3-SN

宇和島伊達家というのは仙台伊達家の支家になります。


宇和島城4-SN

松山城と違い人気はイマイチで観光客もまばらでした(涙)。


宇和島城5-SN

年季を感じます。


宇和島駅方向ーSN

天守から見た宇和島駅方向です。


宇和港方向ーSN

宇和島港方向です。

晩秋の愛媛 3 - 松山城

旅行・散策 四国
11 /21 2016
松山城6-S

松山のシンボル松山城は標高132mの勝山山頂にありロープウェイを利用しました。


松山城ロープウェイーSN&よしあきくんーSN


松山城1-SN


松山城2-2ーSN


松山城3-SN

築城したのは賤ヶ岳七本槍のひとり加藤嘉明。現存12天守のひとつで四国最大の城です。


鯱ーSN


石落としーSN

石垣を登ろうとする敵兵に石を落とす、石落とし。


乾門ーSN

乾門です。

秋の島根旅 4 - 松江城

旅行・散策 山陰・山陽
10 /02 2016
松江城SN

現存12天守で国宝5城のひとつ松江城を見てきました。


松江城2-S

別名は千鳥城。築城されたのは慶長16年(1611)、今から405年前です。


松江城内部ーS

400年以上松江城を支えているのがこれらの柱です。


国宝指定書ーS

国宝に指定されたのは去年の7月8日です。


松江城4-S



松江城天守ーS

天守からは宍道湖、松江の城下町が一望できました。



四国旅行4 - 丸亀城

旅行・散策 四国
04 /24 2016
丸亀1ーSN

琴平からJR土讃線で約25分、JR丸亀駅です。


丸亀3-SN

丸亀に行った目的は現存12天守のひとつ丸亀城。


丸亀城ーSN

石垣は高い!でも天守は小さい!(笑)


丸亀4ーSN

石垣の高さは日本一ですが、3層3階の天守は現存する木造天守では日本一の小ささです。


丸亀5-SN

姫路旅行2 - 姫路城天守閣

旅行・散策 近畿
01 /22 2016
天守閣内部ーS

姫路城は現存12天守のひとつで、国宝かつ世界遺産です。


姫路城4-S

六葉釘隠し。釘の頭部を隠すための装飾です。


東大柱ーS

姫路城を400年間支えている柱です。


天守閣1-S

時代劇のセットみたいですがホンモノです(笑)。


天守閣からの眺めーS

天守閣から見た姫路駅方向です。姫路駅前にある JAL のマークはホテル日航姫路です。

姫路旅行1 - 風雲姫路城

旅行・散策 近畿
01 /22 2016
姫路城1-S

姫路城7-S

姫路城9-S

瓦ーS

姫路城9-S

鯱ーS

姫路城6ーS

石垣ーS

姫路城3-S

おそい正月休み(?)を利用してリニューアルした姫路城に行ってきました。一年で最も寒い時期だけあってめちゃくちゃ寒く、雲が割れて青空が見えたかと思うと、突然雪が降りだしたり大変な天気でした。

お城ツアーズ1 - 岐阜城

旅行・散策 東海
05 /05 2015
岐阜城ーS

短い連休を利用して愛知、岐阜、滋賀とお城ツアーズに行ってきました。

絶景岐阜城ーS

金華山山頂の岐阜城から見た長良川方向です。

日本のあちこちにお城はありますが、そのほとんどは復元されたもの等で、江戸時代から残る本物のお城というのは、弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、彦根城、姫路城、備中松山城、松江城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城の12しかありません(現存12天守)。その中で、松本城、犬山城、彦根城、姫路城の4つは国宝になっています(国宝4城)。

追記 2015年7月松江城も国宝に復帰しました。




城下町へ行こう!松本2 - 松本城

旅行・散策 甲信越
04 /11 2014

Photo_2



旅の目的のひとつは国宝 松本城。





Photo_3



松本城は子供の頃に来た事があるんですが、よく覚えていません。





Photo_4



でも実際に来てみたら確かに見覚えのある風景でした。





Photo_5



松本城の桜、全体では満開まであとわずかという感じ。



Photo_6



今日の松本、天気もよく北アルプスの景色も素晴らしかったです。

城下町へ行こう!小田原2 - 石垣山一夜城

旅行・散策 神奈川
10 /14 2013

Ss_2



小田原城天守閣から見た石垣山方向です。石垣山一夜城とは・・・



『石垣山は、本来「笠懸山」と呼ばれていましたが、天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大群を率いて包囲し、その本陣として総石垣の城を築いたことから「石垣山」と呼ばれるようになりました。



この城が、世に石垣山一夜城または太閤一夜城と呼ばれるのは、秀吉が築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を伐採し、それを見た小田原城中の将兵が驚き士気を失ったためと言われています。しかし、実際にはのべ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間が費やされました。』 (公式HP)



・・どっきりカメラみたいですね。